毛穴の開きを治す化粧品

プラセンタの種類について

みなさんは、プラセンタを使ったことがありますか?
プラセンタは、化粧品、サプリメント、食品に含まれているものがあります。
でも、プラセンタの原材料は全て統一というわけではありません。
実は、プラセンタには、種類があってそれぞれ原材料が違うのです。
原材料のプラセンタが違えば、値段にも関わってくる重要なことです。

 

効果的なプラセンタを選ぶなら、種類を知った上で選ぶことが大切です。

 

【豚プラセンタ】

 

豚の胎盤から抽出されるプラセンタです。豚は年に2回出産をします。
1回に対して10匹前後の子豚を産むので、プラセンタエキスを大量生産することができます。
ただ、病気にかかりやすいので、ワクチンや薬剤を投与されているため、プラセンタ本来の効果としては劣化します。
豚で優秀なのがSPF豚がオススメです。

 

【馬プラセンタ】

 

馬から抽出されるプラセンタです。馬は、ストレスに弱い動物なので、
厳しい管理体制の元大切に育てられています。出産は年に1回なので、栄養価としてはとても高いです。
特にアミノ酸の含量に関しては豚プラセンタとくらべて300倍もあります。
人肌にもなじみやすく、高品質なものが多いので、値段が少々お高いですが、効果はバツグンです。
おすすめは、プラセンタEX100が口コミで評判です。

 

【羊プラセンタ】

 

近年注目されているのが羊プラセンタです。羊の胎盤には、人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っているため、
湿疹や赤みなどの肌トラブルが起こりにくいといわれています。ただ、日本では羊の飼育が難しいため、ニュージーランド産の羊のプラセンタなど安全なものを使用しているようです。

 

【ヒトプラセンタ】

 

私達の胎盤も病院によっては自分のプラセンタをドリンクにしたりすることができるサービスを受けられます。
日本では医療廃棄物として胎盤は破棄されていますが、医療治療やプラセンタ注射などでは、日本中の産婦人科から集めて扱っているところもあります。